BLOG

カラコン×クリアレンズ
クリアレンズ
1day 3箱セット
エトエ1day 2枚入[単品]
エトエ1day 10枚入[単品]
エトエ2Week 6枚入[単品]
コスメ・雑貨
スキンケア
ベースカーブ
着色直径
ケア用品
セール品
レンズ直径
商品検索
もっと詳しく
その他

目のコンプレックスを克服!カラコンの選び方

目のコンプレックスを克服!カラコンの選び方
◎目のコンプレックスとは
顔のなかでも、その人の印象を決めてしまうほど大事なのが目のパーツ。
日頃から「目が小さい…」「目つきが悪い…」など目にコンプレックスを抱いている人も少なくないと思います。

そんな目のコンプレックスを解決するためにメイクはもちろん、カラコンをつけて瞳を大きく見せたり、柔らかい雰囲気に仕上がるように心がけている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、目のコンプレックス克服に近づくおすすめのカラコンの選び方をお伝えします♪
カラコン初心者さんや大人女子向けの格安通販「Etoe」のカラコンをご紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね!
 


皆さんは待ち合わせなどで人に会ったとき、はじめに顔のどの部分を見ますか?おそらく多くの人が「目」と答えるのではないでしょうか。

最近では、大きな目になれるメイク方法が話題になったり、パッチリ二重のモデルさんが多いので、大きな目に憧れを持つ人は多いと思います。
しかし大きな目へ憧れる一方、目のコンプレックスを抱えている人も少なくありません。
目のコンプレックスは主に「三白眼」「黒目が小さい」「一重」などが挙げられます。



「三白眼」とは、白目が左右だけでなく上・下にも見えている眼のことを言います。
三白眼は「上白眼」「下白眼」「四白眼」の3種類ありますが、一般的に知られているのが左右と瞳の下部分の白眼が見えている「下三白眼」です。
三白眼は欧米人に多く、ミステリアスな印象を与えて「カリスマ性のある眼」とも呼ばれています。
三白眼は大人っぽくクールに見える反面、キツイ印象や睨んでいるかのようなマイナスな印象を与えてしまうこともあり、コンプレックスとして悩まれている人もいます。

次に、黒目が小さいことをコンプレックスであると感じているケースです。
黒目の平均的な大きさは11~12㎜程度であり、パッチリ目でも一重であっても大きさはそこまで大差ありません。
では、なぜ黒目が小さく感じてしまうのかというと、実はまぶたの開き具合が関係しています。
黒目が大きく見える人は、パッチリとまぶたが大きく開いているので黒目の部分が広く見えます。
一方目が小さく見える人は、まぶたが下がっていることで黒目がまぶたに隠れてしまうため黒目が小さく感じることがあります。
これはまぶたの筋力が低下してたり、スマートフォンやパソコンなどで目に負担をかけてしまうと、まぶたが目を隠そうとして黒目を小さく見せる要因に繋がります。
黒目の小ささで悩まれている人は、まぶたの筋力を上げたりホットタオルなどで目を休ませたり、スマホなどの習慣を見直すと効果的ですよ♪

このほかにも、目元のクマや一重や二重関係なくまぶたが分厚かったりすると、アイメイクがしにくかったり、眠たそうに見えるなどのコンプレックスを感じることもあります。

これらの目のコンプレックスを克服する方法のひとつとしてカラコンがあります!
カラコンの色味やデザインを意識することで、まぶたの腫れぼったさや目の大きさの左右差、二重幅の違いも上手に隠すことができます。
ですが、目のコンプレックスごとに最適なカラコンを選ばなければ、逆に目立ってしまうことも…。

そこで、目のコンプレックスを克服しつつ、自然で魅力的な目へ近づけるためのカラコンの選び方のポイントをご紹介します。
 
◎目のコンプレックス克服には「瞳の黄金比」が重要
例えば、小粒目さんがパッチリとした目元に仕上げるためにと、着色直径が大きいカラコンを選ぶと、宇宙人のように不自然な印象になってしまうことがあります。
小さい瞳をコンプレックスだと感じている人は、カラコンの「着色直径」を意識してみましょう。
着色直径とは、カラコンの色味がついている部分で、着色直径が大きすぎると白目と黒目のバランスが崩れるだけでなく、白目に透けてしまうことがあるのでカラコンをつけている感がハッキリとでてしまいます。
そこで着色直径を決める際に、カラコンの最適なサイズ選びとして参考にしたいのが「瞳の黄金比」です。

瞳の黄金比によると、瞳が最も美しく見えるのは「黒目:白目:黒目=1:2:1」とされています。
日本人の瞳の平均は「黒目:白目:黒目=1:1.5:1」と言われており、黒目が少し小さめだということが分かります。
そして小粒目さんは、もともと白目よりも黒目の割合が多いです。そのため裸眼よりも少し大き目な12.5㎜~12.9㎜程度の着色直径のカラコンを選ぶと、理想的な目になりコンプレックス克服へ近づきます。

自分の瞳に合った着色直径のカラコンを選ぶときは、まず自分の瞳の大きさを知っておく必要があります。
一見自分の瞳の大きさを測定するのは難しいと思われがちですが、意外と簡単に測ることができます!

準備するものは、定規と携帯です。
目元の下に定規を当ててその状態を携帯で撮影すれば自身の瞳のサイズを知ることができます。
瞳の黄金比の計算方法は「目の横幅÷2=着色直径」を覚えておきましょう。

例えば目のサイズが27㎜の人の場合は「27㎜÷2=13.5㎜」となるので、着色直径が13.5㎜のカラコンを選ぶと白目と黒目のバランスが最適だと言えます。
カラコンを購入する際は、自身の瞳の最適な着色直径のサイズを把握することが大切です。
カラコンをつけて「思っていたのと違う!」ということもなくなるので、1度測定しておくと便利ですよ♪
 
目のコンプレックスを克服!カラコンの選び方
◎コンプレックス別・カラー別のカラコンの選び方
◎《コンプレックス別》カラコンの選び方

目にコンプレックスがある人は、着色直径が小さめで黒目に近いカラコンからはじめてみましょう。

クールな雰囲気が魅力的な「三白眼」の人は、白目の面積を狭くしようと着色直径が大きいものを選びがちですが、大きめのカラコンを装着してしまうとさらに目の存在感が際立ってキツイ印象に見えてしまう可能性があります。
そのため三白眼のコンプレックスを克服するためには、キツく見えてしまう瞳をより女性らしく柔らかく仕上げるのがポイントです。
まずは明るめのブラウン色のカラコンで、瞳に透明感や優し気な雰囲気を与えましょう。
またカラコンのフチをぼかしているものだと、瞳の輪郭がぼやけて三白眼の印象を和らげてくれます。
さらに三白眼の魅力である大人っぽさをより引き立たせるには、ヘーゼル系などの色素が薄いカラコンを選ぶと可愛らしさもキープしながらトレンドでもあるハーフ系のメイクにもピッタリです♪
三白眼の人は、明るめのブラウン系カラコンで目元を柔らかく変えると、コンプレックスの克服に近づきます!



瞳が小さい小粒目がコンプレックスの人は、瞳の黄金比バランスにそったフチなしのナチュラルなカラコンを選びましょう。
デカ目効果はありませんが、小粒目さんは元から白目が少なく黒目の面積が多いのであまり瞳を目立たせる必要はありません。
1㎜でも着色直径が大きければ目元の印象が変わるので、まずは黄金比に合わせて最適なカラコンを見つけてくださいね。



次に、キリッとした印象の一重さんは「メイク映えしない」「目元が重く見える」などのコンプレックスを持っていることも少なくありません。
一重さんは、つけるだけでハッキリとした瞳になれるフチありのカラコンで、立体感のある目元へ仕上げましょう♪
またつぶらな印象のある一重さんは、着色直径が大きめなカラコンを選ぶと白目の面積が少なくなるので、着色直径が小さめなカラコンをつけて、自分の瞳に考慮したサイズのものを選ぶように意識してみましょう。




◎《カラー別》カラコンの選び方

カラコンには、フチありやフチなし、ドットデザインといったデザインも多彩ですが、カラーによっても目の印象が変わってきます。
ファッションやメイク、コンプレックス克服に合わせて直色直径やデザインだけでなく、カラーも考慮してカラコンを選んでみましょう。

まずご紹介するのは、定番の「ブラウン」カラコンです。
瞳に馴染みやすくカラコン初心者さんにも取り入れやすいブラウンは、自然に瞳を大きく見せることができます。
特に微小なドットデザインであれば、カラコン特有のクッキリ感もなくキツイ印象を与える三白眼の人も親しみやすい雰囲気を与えてくれます。

次におすすめはアンニュイな印象を与える「グレー」カラコンです。
クールで知的な印象を持つグレーは、アジアンビューティとして知られる一重さんにもより大人っぽさを演出してくれます。
カラコン単体で見るとグレーは合わせづらい…と思われる人もいますが、実際につけると瞳にキレイに溶け込むので、外国人のようなハーフ感のある瞳へと近づきます。
また瞳の色を自然と明るくしてくれるので、クールにもガーリィにもどちらでも抜け感のある瞳に仕上がります。

最後は、日本人に最も似合う色である「ブラック」カラコンです。
ブラウンと同様に瞳にスッと馴染みやすいブラックは、裸眼風~しっかりと盛りたいときなどに使える万能カラコンです。
瞳をクリッと可愛らしく印象的な目元へと仕上げてくれるので、さりげなく瞳を大きく見せたいときにもおすすめです。
ブラックは一見、重たく見える印象ですが、フチがぼかしていたり透けるような発色のものであれば、ちゅるんとした瞳へと仕上げることができます。
黒と言ってもグラデーションやドット柄などデザインも豊富なので、いろいろと試してみてくださいね。

◎格安通販「Etoe」カラコンのご紹介
「Etoe」のカラコンは、カラコン初心者さんや年齢的な部分でカラコンに抵抗がある大人女子向けをメインターゲットとして開発されました。
日本人の瞳に馴染みやすい自然なブラウンカラーの4色展開で、それぞれ流行に左右されず長く愛用できるデザインとなっています。
また女性に嬉しいUVカット機能付きでシミやシワの原因となるUV-A派と眼の障害を引き起こす可能性のあるUV-B派から眼を守ることができます。
さらに使い捨てのワンデータイプとコスパの良い2weekタイプが発売されているので、使用頻度に合わせて選べるのも嬉しいポイントです。
またEtoeのカラコンは着色直径が13.2㎜と裸眼よりも少し大き目のサイズ感となっています。
大きさをあまり変えずに印象的な瞳へと仕上げてくれるので、目にコンプレックス抱えている人にもおすすめです。今回はそのなかでもEtoeのカラコンを2つご紹介します。
 
◯Etoe Natural(エトエ ナチュラル)
Etoe Naturalは、「瞬間、ヌーディに生まれ変わる素の瞳」のコンセプト通り、裸眼に溶け込むような自然な仕上がりになります。
微小なブラックのドットのフチとなっているので瞳の輪郭が程よく強調されて抜け感のある今どきの瞳を演出します。
Etoe Naturalは、Etoeのなかでも1番定番なカラーなので、年齢やシーン問わずにどんな人にもおすすめです。
特に三白眼がコンプレックスな人は、フチも控えめでいかにもなカラコン感がないので、三白眼ならではの透明感とクールさも演出できます。


 
◯Etoe Natural Rich(エトエ ナチュラルリッチ)
Etoe Naturarl Richは「可憐さと深みをまとった、大きな瞳へ」をコンセプトとし、Etoeのなかでも1番明るめのブラウンカラーで仕上げられています。
フチが太めに作られていますが、ドットデザインのため派手な印象もなく自然と大きな瞳へと導きます。
フチがダークブラウンで中央がライトブラウンの2色構成となっているので、装着してものっぺりとした印象にならず奥行きをキレイに見せてくれます。
特に「メイク映えしない」とコンプレックスをお持ちの一重さんも簡単に立体感を出すことができるのでおすすめです。





◎Etoeのカラコンを購入されたお客様からのご感想 

◯東京都 30代 女性
発売されてからずっと気になっていたEtoeのお試しカラコンを購入しました。
パッケージも大人女子向けにナチュラルでとても可愛いです♪
カラコンを久しぶりにつけたのですが、びっくりするほどの付け心地の軽さで使いやすかったです。
特にダークリングはフチもあるので、黒目が小さくてハッキリしない私には最高でした!
 
◯福岡県 30代 女性
ここ数年カラコンをつけていなかったのですが、やはりつけると新鮮で気分も上がりました!
元々花粉症で目の痒みに悩まされているのでカラコンをつける時期が限られますが、こうしてカラコンで気分転換できて嬉しいです。
ちなみに私のお気に入りは「ブラウンリング」です。
少しだけ目元を盛りたいときやナチュラルなカラコンを探されている人にEtoeはおすすめです!
 
◯神奈川県 30代 女性
私は30代の母親ですが、Etoeのカラコンを愛用しています!
年齢問わずにつけられるので、裸眼風に自然な仕上がりでとても気に入っています!
しかも付け心地も軽くて全然痛くなりませんでした♪
休日や特別な日には、メイクも濃い目にしてEtoeのカラコンでオシャレを楽しんでいます。
 
◎まとめ
目のコンプレックスを克服するカラコンの選び方をご紹介しました。

カラコンにはさまざまな種類がありますが、なりたいイメージや瞳のサイズに合わせて選ぶと、コンプレックスに反して魅力的な瞳へと仕上げることができます。
また自身にとってはコンプレックスと思っていても、三白眼の方や小粒目の方はクールさや大人っぽさを持ち、魅力的に溢れています。
無理にコンプレックスを克服するのではなく、メイクやカラコンを上手に取り入れて理想の目元へと仕上げましょう♪

格安通販「Etoe」では、瞳のサイズよりも少しサイズアップしたカラコンを取り揃えています。
目に対してコンプレックスをお持ちの人もEtoeのカラコンで自分の気に入った顔に近づけることができます。
またカラコン初心者さんが挑戦しやすいようにお試しセットを通販しているので、目のコンプレックスで悩んでいる人は、Etoeの格安通販で自分に合うカラコンを見つけてみてくださいね♪
Share
Facebook
Twitter
Line